-

間接クレジットカード使用の進め方は易しいです。カードでストレートに買う事ができない販売物を直に払うのではなく、遠まわしに買い付けする方が得策です。理屈が明快というわけで、まずはじめに金券のたとえを採用して表現してみたいと思っています。モデルとなる個人が価値のあるアクセサリーを持ちたいと迷っているようです。手に入れたい有名な銘柄のバックを市販しているショップでは買おうとしてもクレジットカード使用で払う事ができないのです。一方MasterCard、NICOSなどのギフトカードでなら取引する事を承諾してくれるといっています。したがってモデルになる若者はクレジットカードを使用して券を取り寄せする事ができる金券カード販売店に出かけカードを利用してMasterCard、Diners clubなどののギフト券を買い付けしたとします。そうして駆使したクレジットを使用して購入したNICOSなどの商品券を販売店に携帯しておもむき購入したかった一流の服を注文したとしましょう。「なんで商品券で購入した若者はそのような負担のかかる方法をしなければいけないの?」と思うかもしれませんが解説した技法を活用することで本当ならもらえることのないクレジットカードポイントが手に入れられます。直接お金を支払って素晴らしいコートを注文したりした場合カードポイントは得られませんし、American Express、Diners clubなどの券をキャッシュで買い付けして使ってもカードポイントは手に入れられません。ところが今示した事であるならMasterCard、NICOSなどの金券をクレジットで買い付けしたという理由で有名なバックを購入した状態と同じ分のカードポイントがつくようになるのです。こういう例が段階を踏んでカードを駆使したことので遠まわしに使うクレジットカードと言われている進め方です。